CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
RECOMMEND
バタをひとさじ、玉子を3コ
バタをひとさじ、玉子を3コ (JUGEMレビュー »)
石井 好子
食べることは生きるよろこび
目にもおいしい食エッセイ
RECOMMEND
Not in Fashion
Not in Fashion (JUGEMレビュー »)
Mark Borthwick,Aaron Rose
マーク・ボスウィックの写真集
すごく好きな本のひとつ

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS

c h i e a s o b i

c h i e a s o b i
c h i e a s o b i
B L O G
Iccoちゃんのワークショップ
P3050040.jpg

先日
友人でアーティストの iccoちゃん主催
ペイントワークショップが行われるというので
遊びにいってまいりました

会場は
広尾にある MAX BRENNER CHOCOLATE BAR

ワークショップに参加して
ここのチョコレートドリンクも飲めちゃう、という
お得感満載の催し

IMG_9088.jpg
用意されていたかわいい水彩キット

iccoちゃんのイラストがプリントされた布トートに
水彩絵の具で色つけしていく

水彩絵の具の色つけの仕方を学びながら
塗り絵に集中・色で癒されちゃう

P3050019.jpg
かわいい色がいっぱいで
5色に絞れない・・・

ぜんぶ使いたいくらいの勢いだけど
あんまり色のバリエーションを増やしすぎてしまうと
ゴチャゴチャしてしまって
なんだかまとまりのない出来上がりになってしまいます、
と icco画伯からのアドバイス

IMG_9104.jpg
厳選の5色をつかって練習
水で溶いて 水をのせて 絵の具をのせて
ウォッシュ、ウェットインウェット・・・

小学生にもどった気分で
たのしい!

P3050181.jpg
いよいよぬってゆく
ビビリなわたしは
濃い色をのせる勇気がなかなかでなくて
ものすごく慎重になってしまった

となりのテーブルの子どもたちは
たのしそうに パッパッと
先入観にとらわれない自由なセンスで
色つけをあっという間に終わらせた

大人たちが無言でもくもくと
まだまだ作業に没頭しているかたわらで
キッズたちの好奇心は もう別のことに向いているのだった
(公園に遊びにいきたくてしかたない様子)

IMG_9100.jpg
チョコレートドリンクで小休憩

わたしが頼んだホットチョコレートは
ホワイトチョコレートのプールに
無数のマシュマロが浮かぶ 罪深い甘さの飲みもの

ここの名物の
チョコレートチャンクピザを食べたい衝動をおさえながら
(それもいったら顔に無数のニキビ確定)
たのしい塗り絵タイムの終わりに近づいてゆく

気づけば1時間半あっという間にすぎていた

P3050226.jpg
繊細乙女な色合いの O.Y.様の作品
すてき!

ふだん やり直しのきく鉛筆や
パソコンでの色つけばかりしているから

こういう作業で培われる感覚を育てることの大切さを
とてもとても実感したなあ

家で眠っている水彩絵の具を
ひっぱりだしてみたくなった

手はじめに絵手紙から、なんてのもいいかも

次のワークショップもたのしみ!
 
| art | 14:01 | - | - | - | - |
BACON ICE CREAM|奥山由之 写真展
P1266938.jpg

こないだね
今注目を集めている写真家・奥山由之さん

写真展!
へ行ってきたのだ

昨年末の『NEW FASHION PHOTOGRAPHY』at VACANT から
一ヶ月のあいだ
楽しみにしてたやつ

P1297072.jpg
彼の新作写真集
『BACON ICE CREAM』と連動した写真展
約100点、見ごたえたっぷり

入り口からもうかっこよくてドキドキ
1枚目の写真と目があった瞬間にときめく

IMG_0922.jpg
この作品のどれもが
彼の5年間で出会い、味わった
"初めて" の高揚によって
切りとられた世界

それをひとつ、ふたつ、と
順に眺めてゆくたびに
わたしは、わたしの "初めて" と出会う

P1266945.jpg
胸の高鳴り ときめき
驚き 興奮 憧れ 羨望とが
混じりあった、あたらしい味

それから、作品をみるとき
このあいだのVACANTでのトークショーで話していた
「フィクションの中のフィクション」とか
「フィクションの中のドキュメント」とかを
感じとりながら見てゆく たのしさもあり

P1297077.jpg
会場の構成もとてもよかった
遊びごころある演出・展示の仕方がしてあったり
小技の利かせ方まで、オシャレだぜ

(あえてその部分の写真は載せない。会場へ行ってたしかめてみて!)

P1266946.jpg
色と色、かたち、直線、曲線、リズム、瞬間の重なり
その一瞬にみえる、あわいの中の
わずかなきらめき、あるいは、違和感だったり
人を惹きつけるもの

それが彼のみている世界
視点から生まれる独特の質感

こんなにも時代とマッチした感性って
余韻がすごいよ
写真をこえて、もうひとつの次元に残像をのこす

P1267024.jpg
それで、写真集買いました
ポストカードくれた・・・!わーい

会場には写真集のほかにも
Tシャツ・カメラストラップ・ステッカー・iPhoneケース
作品のオリジナルプリントも販売されてました

でも
やっぱり写真集を眺めるよりも
写真展の会場で
その写真にふさわしいサイズ そのまんまの色でみたほうが
圧倒的感動

奥山由之 写真展『BACON ICE CREAM』
at 渋谷 パルコミュージアム
〜2/7(日)まで! 
まだの人、はやくー!

はじめての味わい
しびれます

P1297084.jpg
ベーコン

P1317105.jpg
アイスクリーム
 
| art | 23:42 | - | - | - | - |
A Life with Camera
P7045588.jpg

こんにちわ!
あっという間に秋が深まってますね

秋の恵みで いろいろ美味しい季節だというのに
わたし 歯を抜いたり
矯正装置をつけて舌を傷めたり
わりとヒドめの口内炎を一度に3つもこしらえたり
で、ちっとも食をたのしめないでいる

食べづらい・痛い・とにかく苦痛

食事がたのしくない、だなんてこと
我が人生において非常事態なもんで
その反動か
食欲は収まるどころか ストライキ状態で
やたらカロリー高くて体に悪そうなものばかり食べたくなるから
今のところ体重はきっと増えてる
かなしい秋


ふと
夏に観た 上田義彦の『A Life with Camera』を思い出す

IMG_6362.jpg
浜離宮でプラプラお散歩した日に
観てきたんだよね

入り口が控えめすぎて
建物のまわりを2周くらいうろうろ迷った

行った人はわかるだろうけど
Gallery 916 のあのエレベーターの強烈な個性

P7045591.jpg
下界からの派手な移動を経て
目の前に広がるのは 写真の海だった
というかこれは
上田義彦氏の世界、の、海

P7045600.jpg
美しい作品の隙間をゆらゆら泳いでゆく

写真というかたちに切り取られた
無数の瞬間が 同時に存在する不思議な場所
音もなく 時間の流れもわからなくなって
まるでクラゲのような気持ち

P7045599.jpg
ひとつひとつに目を留めるたびに
物語に吸い込まれそうになる

P7045595.jpg
好きだった一角
窓のむこうの別世界を覗いているような錯覚
そして愛するくみこちゃん

P7045592.jpg
もしかしたら、とふと思う
人間の脳みそ というか 意識の中を
風景にしてみたらこんな風なのかもしれないなあ

いくつもの記憶が
いくつもの考えが
そこでは同時に存在していて
その人だけが全部を、自由に見ることができるの

そう思うとなんか ひとつひとつが
まるで宝物みたい

人は死ぬとき
その一生分の宝物と一緒に消えゆくのだ


上田氏の、彼の人生でみたもの
世界のかけらたち
とてもとても素晴らしい展示でした
たぶん
わたしの記憶の宝物のひとつになるでしょう

P7045589.jpg
写真集みながらコーヒーもいただけたりして
こういうとき コーヒーが苦手なことがくやしい
なぜにハーブティーは主役になれないのか
なぜに有意義なひとときはたいていコーヒーの独壇場
カフェインのやつめ・・・

IMG_6364.jpg
遠くにうっすらスカイツリー
わたしは「世界」って言葉が好きで
「世界」と「タワー」ってなんかつながってる感じがしてそれも好き


この頃はまだ、
なにを食べてもおいしくってうれしくって
食べることが楽しくって
このあともサーモンのタルティーヌ食べて
もふもふ満足してたな

そんな記憶もまた、わたしの宝物のひとつ、なのだった

| art | 23:44 | - | - | - | - |
マグリット展
P4224618.jpg

この頃ちゃんとマメに更新できてて
うれしい chieasobi
だがそれでもまだ 1ヶ月の時差があるっていう・・・

すこし前にチラと書いた
マグリット展

棚卸しでオーバーナイト後の
オークラで朝ごはんしてから
ふわふわしながら観にいった

P4224628.jpg
さすがにちょっと疲れてきて
しばし休憩してからじゃないと
巨匠と向き合えない

P4224624.jpg
国立新美術館
わたしの好きな美術館ベスト5にはいる場所

P4224635.jpg
いざ!

展示の入り口からもう 素敵だった
マグリットの空に 赤いカーテン
ルネ・マグリットの世界へようこそ!

そして迎えてくれる約130点の作品たちは
ほんとに
ほんとに
すばらしかった・・・!


マグリットの絵って
"事象" として見ると摩訶不思議なものばかり
それが見る者を惹きつけるわけだけど

絵画の奥の 物語のことをどうしても考える
そのたびに 不思議な夢をみているような
愉快さがやってきたり
ただただ、おそろしくなったり

カンバスの上に描かれた影ひとつに
ドキリとしたり

マグリットの写真作品も
絵画と同じくらい 完璧な世界観で
写真という現実を写す行為で見せる、幻想・・・

もう、いろんなこと感じるんだけども、
感じすぎて精神がどっかいっちゃったような
そんな感覚よ

P4224654.jpg
この『白紙委任状』とか有名だよね
あと顔に布を巻いた男女がキスしてる『恋人たち』とかね

物語にしまわれた神秘性 謎
物が消えたり 現れたり 溶け込んだり
同化して境界線をなくすこと

実在しないものを描き 真理を解く
そこに描かれたものを見て
そこには描かれていないものを見る

彼はまったく異なる要素の中に
それを落とし込むことで浮かびあがる真実を
楽しんでいたように思う
魔法みたい


ああ、もう一回みにいきたいよ
まだあと1ヶ月あるから行かねばならない
(6/29まで・・・!)

P4224636.jpg
美術館の外には
ツツジがぶわっと咲いていた
春のよろこびを 全身全霊で表現してた

P4224642.jpg
うつくしい 色とりどり
(錦鯉・・・)

P4224659.jpg
だいぶパワーを消耗したので
ちかくのミッドタウンの中でごはん
お腹すきすぎてもうどこでもいい、
そこそこおいしいもん食べれれば、
みたいな感じではいったお店

P4224658.jpg
ランチタイムにギリギリ滑りこみ
セットのサラダと ほんのり甘いパン
パン、うまー!
しかもパンのおかわり自由とな
すかさずおかわりを決意

P4224663.jpg
"茜子のフェンネルとスモークサーモンで
『サーモンピンク・クリーミー』スパゲッティーニ"
これ
ネーミングは微妙だけど
びっくりするぐらい美味しかったのだよ
ずっと食べていたかった

P4224665.jpg
"佐賀の新玉ねぎで『NEWミートソース vol.5』スパゲッティーニ"

や、これも文句なしに美味しそう
今みるとこっち食べたくなる

他にも
"『スペシャルがあなたをノックアウト!』スパゲッティーニ"
とか ちょっと注文するのがはずかしい感じの
名前がついたメニュー多しで
でも お料理のおいしさはわりと本格的で
お店の方向性はなんか謎なんですが

コーヒーも紅茶もおかわり自由で
どんどん注ぎにきてくれるナイスサービスで
居心地よくって 2時間くらいのんびりしちゃった

P4224672.jpg
お店の内装もカジュアルシックで
ミッドタウンぽく
テラスもめちゃくちゃ雰囲気いいのだけど

P4224671.jpg
なんでか入り口にはこの変てこピエロがいた
なんでピエロ・・・?
謎、そして
フォークにまきつけたパスタは雑

『KNOCK CUCINA BUONA ITALIAN』というお店でした

安いしうまいし店員さんもよい
六本木周辺で食べるものに困ったら
ここに来ようとおもう

| art | 00:48 | - | - | - | - |
IMA CONCEPT STORE
P4144297.jpg

こんばんわ
さっきまで窓から見えてた
今夜の三日月のうつくしさったら
2015年上半期いちばんなんじゃないかと思うんですけど
どうでしょう
綺麗すぎて泣きそうになった
 
まるでマグリットの絵のようだ
 
ちょうどいま
国立新美術館でマグリット展をやっているけど
すばらしかったよ
 
やっぱり絵画が好きで
見るのも 描くのも好きで
そしてわたし
写真も好きで
やっぱり見るのも 撮るのも好き
 
そんなわたしのハートの
"好き" のツボを刺激しまくったあげく
興奮をさらなる次元へとおしあげたのが
アートフォトマガジン『IMA』vol.10 での
「写真と絵画の境界線」という特集
 
なんたるどストライクなテーマよ!
と うれしさにわなわなしちゃったもんね
夢中で読みました
 
で その雑誌『IMA』を展開している
IMAメディアプロジェクトがつくったお店が
なんでも「写真と暮らす」を体感できる空間とのことで
え!興味深々!行きたい!
と 思いつづけて数ヶ月
 
あの オークラでの朝ごはんの日
虎ノ門から雨のなかの八重桜経由
六本木までお散歩しまして
ついに!立ち寄ることができました
 
P4144320.jpg
ここ!『IMA CONCEPT STORE』
港区六本木 5-17-1
AXISビルの3Fにあります
 
見る 読む 学ぶ 買う 飾る
写真を多角的に楽しむスペース
 
P4144303.jpg
ストアは3つの空間で構成されている
まずは入り口はいってすぐの
ブックストア
国内外のアーティストのフォトブックや
雑貨や 写真雑誌『IMA』のバックナンバーが並ぶ
 
P4144311.jpg
そのお隣にはギャラリー
この日やっていたのは
『SPANISH NEW HORIZON』
スペイン現代写真にフォーカスした展示でした
 
P4144304.jpg
『Casa de Campo』
Antonio Xoubanova
アントニオ・ショウバノバ
スペインの都市型公園のストーリー
 
P4144305.jpg
こういう展示の仕方すごく好き
 
P4144309.jpg
『Paloma al aire』
Recardo Cases
リカルド・カセス
カラフルな鳩レースの記録
スペインパワー
 
P4144308.jpg
鳩アート
切手にしてほしい
 
P4144312.jpg
写真家・鈴木理策さんの
スペシャルオブジェ『桜』
全50点 数量限定で販売されてた
手焼きのコンタクトプリントのアクリル装丁
のぞきこめば宝石みたいな桜の世界が広がって
 
P4144302.jpg
奥にはカフェスペース
カウンターにいる素敵なお兄さんが
にこにこしながらコーヒーを淹れてくれる
とってもフレンドリー&ウェルカミング
おいしそうなマフィンもあるし
クラフトビールもある
 
P4144319.jpg
ま、わたしはやっぱりハーブティーなのだけど
カモミールジンジャー
良い香りに包まれながら 写真集を眺める
ゆったりとした時間 広がる感性
至福のとき
 
赤いハードカバーの本は
Inez van Lamsweerde/Vinoodh Matadinの写真集
『Pretty Match Everything』
好きだなー 欲しいなー

 
もう 何時間でも居れてしまう
どっぷり写真の世界と
表現の可能性に浸ることができる場所
人の入り具合もちょうどよく
半分日本人 半分外国人みたいな割合もまたいい
 
(繁盛してほしいけど、あんまり混んで欲しくない)
 
ギャラリーでの展示のほかにも
トークイベントやワークショップをやっていて
6月には写真スクールもスタートするのらしい
た、たのしそう・・・!
しかも参加講師陣がそうそうたるメンバー!
 
これはもう
ちょくちょく遊びにいきたいレベルです
今年は代官山よりも
六本木への出没頻度があがっちゃうかも、な予感です
 
| art | 22:06 | - | - | - | - |